Tap
the
Menu

エッセー公募『思い出のイキリ』

こんにちは、「ルミレアネッセ」編集長のあいさかです。

以下の企画エッセイの募集をいたします。どしどしご応募くださいませ。リンク先など含めますとかなりの長文になりますので、お時間のあるときにぜひ。

概要

思い出のイキりというのは、子どもの頃のちょっとおもしろいこだわりのことです。

 たとえば私は、小学生のころにモンデリーズ社の「バブリシャス」というガムを噛んで強くなった気になり、中学生のころはストーク社の「ヴェルタースオリジナル」というキャンディをなめて自己肯定感を高め、高校生のころはキリンビバレッジの「午後の紅茶」というジュースを飲んで時代の先端にいる気になっていました。そんな学生を想像して、どうか笑ってください。

 みなさんにも、きっと、くだらなくも思い出深い「こだわり=イキり」のエピソードがあるかと思います。そんな思い出話を集めた書籍があったら事あるごとに読みたいなと思い、原稿を募集するにいたりました。

 みんなに教えてもだいじょうぶな話があれば

ルミレアネッセとは?

エッセー公募企画の「ルミレアネッセ」とはどういう企画なのか、なにを祈っているのかについて下記のリンクで記しております。長文になりますが、必ずお読みくださいませ。

ラゴンリーブルはどんなブックメーカー?

また、「ルミレアネッセ」を企画しているわれわれ「ラゴンリーブル」の目指していること、大事にしていることなどは、こちらのリンクからあらためてご覧いただければと思います。

ちなみにですが、ラゴンリーブルの事業形態は個人事業(いわゆる「ひとり出版社」)です。ゆくゆくはLLCという法人になろうと思っております。

募集について

募集について、認識の齟齬をすこしでも減らせるよう、できるだけ細かく記載してあります。目を通していただいたうえで、合意のもとご応募いただければと思います。

基礎要項
Quality

内容 「思い出のイキリ」に関するオリジナルエッセー
オリジナルというのは、ほかに独占されておらず、自らも出版していない書き下ろしということです。
言語 できれば日本語
表現 おもに文章
メインではありませんが、漫画なども受け付けてはおります。
文字数
ページ数
3,000〜10,000字(文章)/8P〜20P(漫画)
目安です。前後することはまったく問題ありません。
完成度 未完成原稿あり
光るものがあれば一緒にブラッシュアップしたいです。
熟練度 初心者大歓迎
だれにでも書いてほしくて、だれにでも書けるテーマにこだわっております。
必要情報 タイトル
著者名
プロフィール
引用出典・クレジット
締め切り 2021年1月20日

大事にしたい要素
Key Elements

企画の
理解
至当のこととして、企画の理解をなによりも重視いたします。
属人性 ひたすらひたすらあなたの個人的な話をしてもらいたいです。
文章 ことば選び、表記の思想、一文ごとの端正さ、推敲の痕跡、表現の作家性、読ませる独自のリズム、文体の強度、節回しのおもしろさ、展開の豊かさなど。
ただ、すべてで及第点を出せる「プロ」を求めているわけではなく、たとえ自信がなくても私たちが輝きを見つけるよう努めますので熱心に書いてください、という意味でもあります。
同僚性 トラブルなく一緒にお仕事できそうな人柄かどうかも大事にしています。
イエスマンという意味ではなく、企画・ビジネス・契約を把握したうえで主体的におたがい気持ちよく協業できることを目指せることです。

応募原稿の取り扱い
Treatment

選考 内部選考
ただし、応募数が500を超えた場合は要項を満たしていない原稿を検討外にする作業を外部の下読みスタッフにお願いすることもあり得ます。
選評公開 なし
ただし、ラジオなどで触れる可能性があります。ご了承くださいませ。
当落の
連絡
採用内定原稿のみ連絡
別途、どうしても連絡したいかたにはご連絡する可能性もあります。発表はラゴンジュルナルツイッターで発表予定です。
内定の優劣
(優秀賞・
佳作など)
とくになし
賞金 とくになし
選考後、
データ破棄
の約束
選考が終わり次第データを破棄し、保持しないことを約束いたします。
刊行条件 万が一、原稿不足などの理由により本としての価値や形を成さない場合は、無理に刊行することなく公募を中止いたします。反省を生かしたうえであらためて公募を呼びかけます。ご了承くださいませ。

注意事項

権利と契約
Legal

ラゴンリーブルでは、一般的な「出版権設定契約」ではなく、より弱い権利の「著作物利用許諾契約」をお願いしております。詳細は末尾のリンク先よりご覧いただくとして、ここでも箇条で簡潔にまとめております。

原稿の
著作権
著者
編集著作物
の著作権
ラゴンリーブル
出版に必要な諸権利
(印刷と電子書籍の複製権・電子書籍の公衆送信権・譲渡権)
利用許諾
翻訳権・
翻案権
著者
漫画化などの話があったさいは積極的に乗ってくださるとうれしいです。また、優先権や窓口権については個々の協議といたします。
損害賠償
(版元過失)
ラゴンリーブル
版元過失の損害賠償を著者に請求することはありません。
損害賠償
(剽窃)
原則、著者に実費請求
個人情報保護 著者名、書籍名、肖像、経歴などについて書誌情報の範囲を超える利用を自ら禁じます。
未成年者 親権者からの同意が必要です。
オンデマンド 増刷が厳しい場合のオンデマンド出版の努力義務を自らに課します。
サブ
ライセンス
複製権の第三者譲渡を自ら禁じます。
コピー
ライト
表記
権利を保全するため、書籍やウェブサイトの所定の位置にラゴンリーブルと著者全員の名前を初版第一刷の発行年を記載いたします。
修正増減の
受け入れ
許容し得る申し入れを受け入れます。
契約の
有効期限
契約の日から36カ月とし、終了から3カ月のあいだに解消通知がなければ自動更新します。
契約消滅後
頒布
在庫分については引き続き頒布可能とします。

権利関係についてはわかりにくかった場合は、噛み砕いたものもご用意しておりますので、こちらをご覧くださいませ。

リベニューシェアと贈呈
Royalty

いわゆる「印税」のことですが、ラゴンリーブルでは「リベニューシェア」と称しております。詳細は後述の「お金の話」のリンク先をお読みいただければと思います。

著者
リベニュー
シェア
[(定価×10%)×発行部数]÷参加人数
(例):1,000円×10%×500部÷5人=10,000円
シェア方式 発行方式
(売れたかどうかにかかわらず)発行した分のシェアをいたします。
著者贈呈 3部
贈呈送料 ラゴンリーブル負担
割引購入 1刷につき10部まで定価の3割引で購入可能
発行証明 製本のつど部数を報告し、申し出があれば証拠書類の閲覧も可能
お気軽にお申し出くださいませ。

支払
Accounting

請求書 契約時に請求書依頼
支払い 請求書受け取り後14日以内
消費税 外税で計算いたします(10%)。
法定
源泉徴収税
著者側で確定申告。(法人化したさいは変わりますので、またご連絡いたします)
方式 銀行口座に振り込み
振り込み
手数料
ラゴン負担

販売
Sales

ラゴンリーブルでは、流通を制限してできる限り手の届く範囲で行いたいと思っております。また、おなじくできる限り説明をしたうえで書籍や製品を手にとっていただきたいとも考えております。そのため、一般的な書店の棚に挟むよりむしろオンラインページから購入していただいたり、リトルプレスを大事にしてくださる新鋭の書店さんに置かせてもらったり、イベントで手売りをしたいです。そういった手法は、直接お客さんに届けるという意味合いで「Direct to Customer(DTC)」と呼ばれています。

手法 おもにDTCベース(通販や手売り
イベント ・ISBNコードありの書籍販売可能なイベントに定期的に出展予定。
・自主開催のイベントでも販売予定。
取り扱い店 書店やカフェ含めて現時点でなし、交渉検討中。

書誌

書籍情報(予定)
Bibliography

初版一刷 200部
タイトル 『思い出のイキリ』
欧文表記 "When Ikiri Was There"
編集 ラゴンリーブル
発行人 高野純
発行 ラゴンリーブル
販売 ラゴンリーブル
DTP ラゴンリーブル
デザイン ラゴンリーブル
カバー
イラスト
検討中
体裁 A6(縦横迷い中)
印刷所 検討中
表紙用紙 検討中
本文用紙 検討中(クリーム系・生成り系)

応募方法

メール 1001essais@lagon-glaner.ink
件名 (応募者名)『思い出のイキリ』公募
宛名 ルミレアネッセ編集部
必須内容 ・「原稿要項」に記した「必要情報」
・注意事項など承諾の旨
・ファイルデータ
・備考やメッセージなど(あれば)
メールに
書かないで
ほしいこと
悪口
ファイル
形式
.txt / .doc / .pdf(漫画)